【スタッフが取材したアメリカ西海岸最新語学学校情報 第4回】


ELS Language Centers Santa Barbara(ELS サンタバーバラ校)

サンタモニカから海岸線をひた走り、途中で聞いたことのあるような町の名前を確認しながら、ようやくサンタバーバラに到着しました。ちょうどランチタイムだったのでそのままELSの入っているフランシスコ トレス スチューデントセンターのカフェテリアに向かいました。

この建物は大部分が教室とオフィスで上のほうは学生の寮になっています。カフェテリアで日本人学生がいたので、お話を伺ってみましたが、すぐにはアメリカ人学生とも打ち解けないけど、寮だといつも顔を合わせているうちに挨拶を交わすようになり、話もできるようになリますって言われてました.これは寮生活のいい点ですよね。もちろんホームステイはアメリカ人家庭に滞在しますから彼らと生活を共にすることでより早くアメリカでの生活に馴染んでいけると言う点があります。ホームステイしている学生の多くは、自転車を借りたり、購入して通ってるそうです。

ここのいい所は何といっても、開放的な土地柄と日本では見ることの出来ない街並みかと思います。校舎からは海がすぐですし、カルフォルニア大学サンタ・バーバラ校へも歩いていけますので、施設も使えます。こういう利点は最大限に利用して欲しいと思います。
また、学校の近くにはショッピングセンターがあり、そこで放課後を過ごす方も多いとか。確か、ここの学生証を提示するとディスカウントになるお店もあるそうです。

サンタバーバラのダウンタウンはセンターから車で20分程いったところにあります。 懐かしい感じのするその通りは観光客が多く、また、多くの著名人が住んでいる地域だそうです。特に映画好きの私にとってはスティーブ・マーティンの家があると聞いて浮き足立ってしまいました。

さて、センターのお話にもどります。このセンターには通常12クラスがありますが、夏には25クラスまで増えます。やはり夏には行かれる方が多いんですね。その分寮も通常ダブルで入りますが、夏にはトリプルになることもあるそうです。基本的に他国の学生とルームメイトになるように配慮されています。このセンターは24時間受け付けをしてくれますので、いつでもチェックインが可能です。なんとコンピュータも24時間使えるようになっていて、入る時にIDを受付に預けて入ることになっているそうです。ELSだけのラウンジもありコンピュータルームもありますが、こちらは利用時間が限られているそうです。

クラスはやはり日本人はいますが、訪問したときは全体で10人くらいとお聞きしました。ある学生は授業内容にグラマーが多いので、もっと話す時間を作って欲しいと伺ったときに聞いたので、早速学校側にもお話してとり入れてくれるよう依頼しました。

ホームステイされている方は初日にはホストファミリーがセンターまで連れてきてくれるそうです。基本的に一家庭に一人のポリシーでホームステイを行なっていますこの周辺には6つのカレッジと11の私立のボーディングスクールがあり、勉強する環境としてはとても良いところだと思います。ELSを修了したときにはカルフォルニア大学(UCSB)に進む方、カレッジに進む方と様々ですが、センターでもカウンセリングを行なっていますので、随時相談に載ってもらえます。

2001年6月1日

ELS Santa Barbara校 サンタバーバラ海岸線

アメリカのリビエラと呼ばれる海岸線と南欧風の街並みはとても美しく、現実を忘れてしまいそうなほどです。

ELS Santa Barbara校 オフィス

オフィスでのAna/センターディレクターです。学生はここでいろいろ必要なインフォメーションをもらいます。とっても陽気なディレクターです。

ELS Santa Barbara校 コンピューター室

どのセンターもコンピュータルームは充実しています。

ELS Santa Barbara校 学生寮

二人部屋ですが、とてもきれいに整理されてて、使いやすそうな部屋でした。

ELS Santa Barbara校 プール

海もすぐ近くにありますが、その手前にあるプールってのも贅沢でいいですよね。



TOPへ戻る
お問い合わせフォームが表示されない場合はこちらから