London School of English ELS Language Centers, Indianapolis校
(Indiana University-Purdue University Indianapolis)
【スタッフが取材したアメリカ東海岸最新語学学校情報 第15回】
当センターの留学カウンセラーがアメリカ東海岸の語学学校を訪問し、最新情報を入手してきました。その訪問学校の紹介とカウンセラーの感想を簡単にまとめましたので学校選びの参考にして下さい。また、ここに載せられない裏情報やもっと詳しい学校情報などもありますので、海外生活・留学サポート21までお気軽にお問い合わせ下さい。
個別カウンセリングから学校の入学手続きまで無料で行っていますのでどうぞご利用下さい。
ELS Language Centers, Indianapolis校 (Indiana University-Purdue University Indianapolis)
アメリカの中央部に位置するIndianapolis(インディアナポリス)は数多くのインターナショナルビジネスの本拠地でもあります。ELS, Indianapolis(インディアナポリス)校はダウンタウン近くのIndiana University-Purdue University Indianapolis(IUPUI)のキャンパス内にあり大学の雰囲気を十分に味わえます。さらに大学の授業が語学留学生にも開講されていますので、英語だけではなく、大学キャンパスでビジネスなど+αを学びたい人にはとてもお勧めのセンターです。
<スクール・インフォメーション
Address 620 Union Drive, Indianapolis, IN 46202-2000
Location 都市
学生数(2003年3月) 約50人
学生数(平均) 約70人
日本人率 約20%
<コース・インフォメーション>
・ インテンシブ イングリッシュコース(週30レッスン)
・ セミインテンシブ イングリッシュコース(週20レッスン)
<お薦めポイント>
キャンパスはダウンタウンの近くに位置しているので、ショッピングモールや映画館、レストランなどへのアクセスもよい。学内はシャトルバスが走っているので移動も便利。
ホームステイコーディネーターは17年間もELSで働いている人なので、学生に対するケアやホストファミリーの質などがよい。また、2003年8月より新築の寮への滞在も可。
レベルが106に達すればIUPUIが開講しているContinuing Educationコースの受講が可能。大学発行の修了証も取得可能。(放課後や週末に開講。別途費用が必要)
IUPUIは大学・大学院合わせて29,000人が学ぶ大規模な州立大学なので、専攻分野も200以上ある。ELS修了後に大学進学を考えている人も数多くの専攻から自分にあったものを選ぶことができる。
カンバセーションパートナーを紹介してくれるので、授業時間外のネイティブと会話の練習も可能。会話力を高めたい人にはお勧め。
<ちょっぴり残念なポイント>
ELSの規模自体が小さいため、韓国人と日本人が目立つこと。
敷地の広い大学なので、学内の移動でもシャトルバスが必要なこと。
●生徒の声●
俊介さん
Q: この学校を選んだ理由をお聞かせ下さい。
A: 将来的に事を考え、英語を身につけておいたほういいと思ったのと、身近でアメリカという国を体験したかったからです。
Q: この学校の良い点と悪い点をお聞かせ下さい。
A: 良い点
サポート体制が良いことと皆仲良く楽しい人たちばかりなことです。

悪い点
大学内にあるので授業内容がアカデミックで文法中心なところです。ただ、ネイティブのカンバセーションパートナーを紹介してくれる制度があるので、積極的に利用するといいと思います。
Q: これから留学を目指す方へのアドバイスをお願いします。
A: 最初は色々と悩むことが多いと思いますが、こちらに来てしまえば楽しいこともありますよ!

ELS  Indianapolis

きれいに整備され、緑もたくさんあるキャンパス

シャトルバス停留所

キャンパスが広いので、無料のシャトルバスが走っています。

UPUIバスケットチーム

IUPUIはバスケットボールチームが強いことでも有名です。

ELS校舎

ELSのクラスルームが入っている建物です。

授業風景

上級クラスのリーディングの授業の様子。



ELS Language Centers, Indianapolis校についてのお問い合わせは下記のフォームをご利用ください
お問い合わせフォームが表示されない場合はこちらから
海外生活・留学サポート21トップへ

© 留学サポート21 1999-2003