London School of English Central School of English
【スタッフが取材した英国最新語学学校情報 第11回】

この夏、海外生活・留学サポート21の留学カウンセラーがイギリスの学校を訪問し、最新情報を入手 してきました。 その訪問学校の紹介とカウンセラーの感想を簡単にまとめましたので学校選びの参考にして下さい。また、ここに載せられない裏情報やもっと詳しい学校情報などもありますので、海外生活・留学サポート21までお気軽にお問い合わせ下さい。個別カウンセリングから学校の入学手続きまで無料で行っていますのでどうぞご利用下さい。
(E‐mail : info@gp21.co.jp ,TEL:03‐5325‐6406)
また、学校パンフレットを無料で差し上げますのでご希望の方は下記のフォーマット を使ってお申込ください。

海外生活・留学サポート21トップへ
Central School of English
LONDON
ロンドンは東西に長く広がっている街で、西側は高級住宅街、中心部が繁華街、東側はビジネス街に分かれる。ロンドンの中心部は交通網が発達し、地下鉄やバスを使えばどこへでも自分の足で歩いていける。まるで東京のようである。ロンドンは国際色豊かな上、観光者も多いので,もしかすると声をかけてもお互いわからないようなことはあるだろう。だが、さすがロンドン。 宮殿、ミュージカル、美術館、フリーマーケットと見るところは豊富にある上に、他国へも行き来がしやすいのでイギリスでの滞在をとことん動いてまわりたい方にはやはりお薦めの街といえる。但し、イギリスのほかの地域に比べて都会なだけあってスリも多いので注意したいところである。

Central School of English
Address 1 Tottenham Court Road, London W1P 9DA, UK
Phone +44-20-7580-2863

<学校の概要>
創立 1968年
学生数 年間を通して100〜350人ぐらい (中規模の学校)
Location Tottenham Court 駅をでて目の前の所に位置している。 都心部にあるので身動きもとりやすい。
日本人の割合 20%ぐらい(9月現在)

<お薦めポイント>
★学校のスタッフや先生がとてもフレンドリー
★ロンドンの中心で立地条件がとても良く、地下鉄の駅からも徒歩1分
★授業料の安いコースがある
★伝統があり32年もの歴史を誇る
★内装をしたばかりなのでビル自体は古いが内部はとてもきれい
★滞在の種類が豊富
・ホームステイ(standard & superior)
・レジデンス (student house & residence)
・ホテル
★ロンドンの学校なのでは設備は整っている方である
★1週間の滞在でもOK
★短期留学の学生に向いている



<ちょっぴり残念なポイント>
★ロンドン中心にあるためか教室は狭い
★狭いわりに学生の数が結構いるので落ち着かない雰囲気
★レジデンスは市が運営しているものなのでルームメイトは同じ学校に通う学生とは限らない。シングルルームを利用した方よい


<一般英語コース概要>
開校日は毎週月曜日開校
★Semi-Intensive course
★Standard Course
★Intensive


<その他のコース概要>
★one-to-one
★Cambridge Exam preparation course
★IELTS preparation course
★English for Business



●生徒の声●
吉崎彩子さん (大学生) 8月20日〜4週間(インタビューにて)
彩子さんはレベル別けにより中級レベルでスタートしました。学校の授業や先生はとても楽しかったそうです。授業では繰り返し分かるまで説明をしてくれるし、 ペアをつくって会話を練習したりしペアを作るのも同じ国の人とペアにならないように先生は心がけてくださったそうです。そして、週の最後にはゲームなどを取り入れてくれ授業に参加できる雰囲気を作ってくれたそうです。そんな中で彼女が感じたのは若干、speaking よりもGrammarが多い様に感じたみたいです。


8月はヨーロッパ人が多く特にイタリア人の人数が国籍の上位を占めていたそうです。他にはドイツ、スペイン、ロシアなどのヨーロッパ圏の生徒が多くアジア人にはあまり会わなかったのでめずらしいなと思っていたそうです。だが、9月になりイタリア人がほとんど帰ってしまい、かわりに日本人が増えてしまったと言っていました。時期によって国籍が変わってくるのでそれは避けられないことでしょう。でも彩子さんはそんな中で積極的に他国の生徒に話しかけたり、学校以外でも話す場に積極的に出向いたそうです。


彼女は寮滞在でした。彼女いわく、そのレジデンスにはカフェ、コンピューター、ビリヤード、パブがあったそうです。なかでもパブは週末にDJを呼んでもりあがっていて、そこでも友達を作ったりしたそうです。初めは2人部屋にいたが、旅行で来ている人もいたので出入りが多く、一人部屋へ移ったそうです。ゆっくり時間を過ごしたい人には一人部屋がいいと言えるでしょう。彼女が残念だと思った点は、Excursionの時に週末の旅行は結構すぐ人数がうまってしまうことだそうです。すぐに予約を入れたほうがよいそうです。彼女はそれで定員オーバーになってしまい自分で旅行に行ったそうです。総合的にはやはり楽しかったそうで出来ればまた行きたいとおっしゃっていました。
いっけんバーガーキングかと思うような入口
いっけんバーガーキングかと思うような入口。

ちょっと入口が小さいかも・・・・
ちょっと入口が小さいかも・・・・

休憩時間に憩える場所と校長先生のナイスショット
休憩時間に憩える場所と校長先生のナイスショット

窓に面したComputer Lab!
窓に面したComputer Lab!

みんなが勉強している教室
みんなが勉強している教室
Central School of Englishについてのお問い合わせは下記のフォームをご利用ください

お問い合わせフォームが表示されない場合はこちらから

海外生活・留学サポート21トップへ
2001年12月06日 木曜日
© 留学サポート21 1999-2002