ワーキングホリデー

ワーキングホリデー制度とは
目的:
 
ワーキング・ホリデー制度は、二国間の協定に基づいて、最長1年間 異なった文化の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために 付随的に就労することを認める特別 な制度です。 本制度は、両国の青少年を長期にわたって相互に受け入れることによって広い 国際的視野をもった青少年を育成し、ひいては両国間の相互理解、友好関係を 促進することを目的としています。

対象国と対象者:
 日本国籍の日本に在住している18歳から30歳までの人(一部の国は18歳から25歳まで)

国名 対象年齢 年間ビザ発給数 就学可能期間 その他
オーストラリア 18〜30歳 制限なし 4ヶ月  
ニュージーランド 18〜30歳 * 制限なし 3ヶ月 * 31歳の誕生日を迎える前に入国すること
カナダ 18〜30歳 * 5,000人 6ヶ月 * 申請書受理の時点での年齢
韓国 18〜30歳 3,600人 3ヶ月  
フランス 18〜30歳 600人 制限なし  
ドイツ 18〜30歳 制限なし 制限なし  
イギリス 18〜25歳 * 400人 短期間 * 26〜30歳でも特別な理由がある場合に限り例外あり


特徴:
 
この制度は、観光ビザ、留学ビザ、あるいは就労ビザとは異なった、 若い人向けの特別な渡航のためのものです。 どこに滞在し、どこを観光するか、旅行はどうするのかなど、 自分一人で考え、行動することが求められます。 そして、ワーキング・ホリデービザは滞在資金を現地でのアルバイトで補うことが 認められている点が、他のビザとは大きく違う特色です。 もちろん、制度の主旨として仕事を主たる目的とすることは出来ません。 また、各国ともビザの発給は一生に一度で、人数制限のある国もあります。


ワーキングホリデーメーカーのための語学学校
オーストラリア カナダ フランス 韓国

ニュージーランド

イギリス ドイツ    

以下にお問合せフォームが表示されない場合はこちらから